Thumbnail of CoverPage 36 of the August 2001 Issue of gli

CLAUDIA HILL | 始めたばかりの来シーズ ンのアイディア‘ボードを^!15 させてくれたのは彳^1:だけ 思いつくままイメージやアイ ディアを貼り付けて行く壁は、 もうすぐ樹胡なく埋められる | 友人のフォトクラファー あ綱子とは)^"秋 冬コレクション2000”のな と'様々なコラボレーションを 行っている.二人で企面中の 「了シャツ」ァ-ト本粘乍風景 | 背中の大きく開いたウー ル.ジャージーのトツプ。「フ アツシヨンはァートだという デザイナーがいるけど、私に とって服はムーヴメントのな かでの美しさ』 | アトリエ天井から人形サ イスめ洋服か'いくつも下がつ ている,.「まずプロットを^^ で試してみるの」それから人 問大に具現する.まるでマリ ォネフトのよう。 | トライべツカにあるクラ ゥディアのアトリエには、い つも心地よい音楽が流れてい る,元ダンサーらしく、@夬 な身のこなしで動き回るクラ ウディァ。 | 秋冬コレクションより、 豆效のようなフ一ドがついた ワンビース:ショーでは友人 のダンサ-連がモテ)レに..「服 は3 0だから、 歩くだけのモデ ルでは表現しき れなハのよ」 | がデザイナーになったのは、 ミゲールのせいなんだから」 | 冗談めかして言うクラウディア。 昔から「ホ一ン」舰くに住み、当 時経肖だったミゲールとダグラ ス、店番のピエロらと交友があつ た。㈣が自作のドレスを着てい るのを見て、ミゲールか 1”うちに入 れてみない?]と持ちかけたのが、 洋服づくりのきっかけ。 | デビューは’99年秋冬。コスチュ ーム丨デザイナーだったクラウデ ィァは、コレクションのスケジュ 一ルにはとんと疎く、 「初めてのシヨ一を4月に,し たのよ。秋冬シーズンには2月の ショーがあるのも知らなかった」 | それでも、翌日にはバーニーズ のバイヤーから里話があった。ミ ゲールがデサイナーを目指す前の ことだ。それからコレクションも 5回目、その?^的でしかも丨 されたデザインで、は安定し ている。 | 「私は世間の動きに追従しないし、 私の服もトレンディじやない。今 みんながやっている’ 80年代のコピ 一などは、全く意味がわからない わ。私がインスピレーションを得 るのは、自分自身と友人違からだ けよ」 | 今年の秋冬コレクションは前回 の「ニュ一ヨークの建築」を魏さ せ「植物の形」をテーマに。 「人か"造った形から、今度は自然 が創った形へ。葉や種の入った莢 の形など、植物の造作やディテ一 ルはまるで自然の剣った家みたい。 私にとって、服は一人の人だけが 住む、もっとも規検の/ハさな家だ から」 | そんな発想はクラウディアの隠 れた多才さから自在に湧いてくる ようだ。彼女のシヨ一も、自ら監 督した映画や音楽、ダンサーや建 築家、アーチストゃフ才トグラフ ァ一らとのコラボレーシヨンで多 面的に展開する。 「シヨ一には私のメッセージがま ずあって、それがコラボレーター 達の違ったアブローチの力でより 強くなると信じている。尊敬する | 友人達と共同製作するのか菜しい わ」 | いつも持ち歩いている小 型スケッチブックジ「コンセブ 卜を沒定した後、それを反映 するたくさんのイメージを集 め、リサーチして@にスケ ツチしてゆくの」 | 秋冬コレクションのィメ ージカタログの表紙自然の なかに生まれた^^)ィメ一 ジを屡外の写頁で!!^.ショー はアーチス卜の中山ダイスケ とコラボレーションを行った- | 弟1)1乍中には必ず音楽をか けるので、ミニマルでリラック スできる音衆が好き友人が 1816したテ一ブには細!?暗巨. 池田!8—など日本人ミュージ シャンも多く入っている。 | -,山 |